彼のココロをつかむ恋愛心理テクニック

 

どうでもいい人からは好かれるのに、意中の相手には振り向いてもらえない―。

そんな歯がゆい経験、だれにでもあるのではないでしょうか。

では、一体どうすれば好きな人に振り向いてもらえるのでしょうか。

有名な心理学の法則にミラー効果というものがあります。

相手が笑えば自分も笑う、相手がお茶を飲めば、同じタイミングで自分もお茶を飲む。

そうやって同じしぐさをすることで、相手と同調し一体感を高めていくというものです。

では、実際の効果はどうかと言うと、残念ながら万能ではありません。

この作用が功を奏するのは、穏やかで従順な性質の人に限られることが多いようです。

反骨精神旺盛なタイプや批評家タイプには、帰って「安易に自分に合わせようとしている」と嫌悪感を示されることも少なくありません。

では、そういう天の邪鬼タイプは攻略不可能なのでしょうか?

いいえ大丈夫、ちゃんと対策があります。

重箱の隅をつつこうと準備しているような相手には、あなたの感情のふり幅を広く見せてあげるといいでしょう。

たとえば、相手の話(とくにマニアックな趣味の話が効果的です)に大げさに同調し、「それ、すごく面白い!」と興味を示した後で、別の話題に移った時にはさっとリアクションのテンションを落とします。

相手はあなたの変化に驚き「彼女はいったいどういう人なんだろう?」と関心を持つのです。つかみどころがないと思わせることで、つっこみどころを探させる=あなたへの興味を高めるのです。

ここまでくれば、恋の扉はすぐそこ。

彼はあなたの事が気になり始めているはずです。

後は楽しみながら、その扉の奥へ進んでいってください。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です