人前で「あがる」「あがらない」 その違いのモトは・・・!?

 

人前に出る時、誰でも多少はあがるものです。

しかし、中には全くあがらないという人もいれば、尋常じゃなくあがって何もできなくなってしまう人もいます。

その違いはいったい何なのでしょう?

一般に、注目されるのが好きな人ほど上がる確率は低いのです。

人前に出る事を快適に感じ「これこそが本当の私」と実感することに喜びを感じられるからです。

一方、状況がわからなくなるほどあがってしまう人は、人から噂されたり、後ろ指を指されることを恐れるタイプ。

人前に出ることでそのリスクが急増するため、潜在意識が焦りだし余計にあがってしまうのです。

また、傍目からはあがっていないように見えるのに、前述のケースに該当しないタイプもいます。究極のマイペースタイプがそれ。

人に見られていようがいまいが、あくまで自分は自分。

全く臆せず淡々と生きているため、どんな場面でも気にならないようです。

あがり性の人にとってはうらやましい限り!?

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です