話すことで、自分の考えに気づく “コーチング”のすすめ

頭のなかの考えはそのままにしておくと、まとまりを持たないまま消えていくものです。

何かやりたい事があっても、なかなか実行に移せず、

計画倒れに終わる事があるのは、その考えが具体的なものになってないからです。

頭の中の計画を実行に移し、目標を達成するには、まず考えている事を誰かに話してみる事が役に立ちます。

じっくり話を聞いてくれる相手が見つかれば、

あなたは、話しているうちに「自分はこういう事を考えていたのか?」

「これはこういうことだったんだ!」 と、気づく事がたくさんあります。

その後、おのずとどうすればよいのかがわかってくるものです。

いい話し相手が見つからない場合は、”コーチング”を受けてみるのもいいでしょう。

コーチングは話を聞く技法のひとつで、話の聴き方を受けた専門家が、その人の話を聞き、目標達成のために一定期間、サポートを行います。

もっともこれには、お金がかかるので、親しい友達同士で毎週1回など定期的に会ってお互いの話を聞いたりして、

それぞれの目標達成のためにサポートしあうのが良いと思います。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です