人をけなせば、自分がワンランク上がれる?

 

人の事を見下したり、けなしたりする人がいます。

誰かがほめられれば、自分がけなされたように感じ、思わず 「でも、あの人ってこういうところもあるよね!」 と、わざわざその人の欠点を指摘する人もいるくらいです。

そういった心の動きは、人を悪く言い、けなせば、相対的に自分がワンランク上に上がれるといった間違った思い込みからくるものです。

実際に人をけなして気持ちが良いのは、けなしている本人だけで、周りの人には、「やっかみだよね」と見透かされたり、「イヤな人」と思われるだけで、自分の評価を下げることにしかなりません。

つまり、その思い込みとは反対に、自分で自分の価値を引き下げているのです。

逆に、他人をほめる事が出来る人は、それだけで自分の価値をワンランク高める事が出来るという事です。

なぜなら、本当に実力があり、人から評価され、自分に自信のある人は、他人に対するやっからみもなく、わざわざ他人をけなす必要もないからです。

他人の長所を発見し、褒めれる人になりたいものです。      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です