人間関係を図る目安?

 

「類は友を呼ぶ」と言う、ことわざが有りますが、友人、仲間同士や職場などの人間関係も、メンバーがどんな人たちであるかによって、日々の生活やあなたの内面に大きな影響を与えることになります。

たとえば日頃の人付き合いの中で、

①なんとなく劣等感を抱かされる事がある。

②自分がつまらないもののように思える。

③漠然とした不安感を覚えることがある。

④よく、そこに居ない人の噂話が飛び交う。 互いに「あの人はああいう人なんだなぁ~、こういう人だ」 と人物批判をしている。

⑤その人や、グループと交わると、あとで気持ちが暗くなる。 このような事を感じる場合、人間関係はかなり不健全で、あなた自身の生活の質やその他の人間関係にも悪影響を及ぼします。 逆に健全な人間関係では次のような事を感じます。

①自分が個人として尊重されていると感じる。

②意見や考え方の違いに誰も感情的に反応せず、違いを受け入れてくれる。

③仕事など課題に集中し、生産性が高い。

④ユーモアがある。

⑤その人たちと一緒にいると明るい気持ちになる。

つきあう人や仲間は選びたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です