「頭・心・体」のうち、得意な精神機能はどこ?

 

「頭・心・体」のうち、得意な精神機能はどこ?

私たちは頭で考え、ハートで感じ、体で反応します。「思考・感情・本能(身体的直感)は、人間に備わった3つの精神機能を表しています。

この3つのうち、人によって、最も得意とする機能が異なっているようです。」 たとえば、身体的直感が発達した人は、「腹をくくる」「腑に落ちる」といった内臓感覚を表す言葉をよく使い、拒絶の感覚は「吐き気がする」「むかむかする」といった言葉で表す傾向があります。

物事を感情の機能で受け止める傾向の強い人は、「うれしい」「悲しい」「さびしい」など、様々な感情の機微を表す言葉を用い、「胸がドキドキする」「胸が痛む」「胸が苦しい」といった表現をしたり、「胸を開く」「気持ちが通じ合う」といった言葉を多用する傾向があります。

頭の中の思考機能をよく使っている人は、「それはどういう意味?」「つまり、こういうこと」と頭で納得しようとする傾向があります。

おたがいに理解しやすいのは自分と同じタイプの人で、何となく違和感を覚えたり、話が通じにくいと感じる相手は、精神機能が異なるタイプの人だと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です